ハイドロゾル(芳香蒸留水)の効果や使い方を紹介しています。

ハイドロゾルとは

  • HOME »
  • ハイドロゾルとは

ハイドロゾル(芳香蒸留水)は、植物を蒸留して得られる香りのある水です。いい香りがするだけでなく、化粧品のような、薬のような、心身へのさまざまな働きかけをします。

ハイドロゾルはフローラルウォーター、ハーブウォーター、アロマウォーター、ハイドロラット、イドロラなどさまざまな呼び方があります。ただ、アロマウォーターと言うと香りのある水はすべてアロマウォーターになってしまいます。例えば精油をグリセリンなどで希釈して水に加えたものや合成香料を加えた水もアロマウォーターになってしまいます。フローラルウォーターやハーブウォーターという言い方も広く浸透していますが、ハーブティーやハーブを冷水抽出した水、ハーブチンキを添加した水などもハーブウォーターと言えなくもないため、ここではハイドロゾルで統一することにします。イドロラはフランス語でハイドロゾルのこと、ハイドロラットはイドロラを英語読みしたものです。

アロマテラピーで使われるエッセンシャルオイル(精油)を蒸留する際、蒸留窯から香りのする水が抽出されます。そしてそれはさらにエッセンシャルオイルとハイドロゾルに分離させられます。同じ植物から抽出されるのでエッセンシャルオイルとハイドロゾルは香りも性質もよく似ています。ラベンダーのエッセンシャルオイルはニキビや火傷などの皮膚の炎症を抑える働きをしますが、ハイドロゾルもまた同様の効果が期待できます。ただしエッセンシャルオイルは脂溶性、ハイドロゾルは水溶性であるため中に含まれる成分は100%同じというわけではなく、そのため作用も異なります。

エッセンシャルオイルはたった1滴といえどもパワーが強いので、皮膚へ直接塗布することや飲用すること禁止されています。皮膚や粘膜を荒らしてしまうおそれがあるからです。また蒸気浴やマッサージに使用する場合でも必ず希釈しなくてはならず、使う人の状態やオイルの種類によっては使えないものもあります。ところがハイドロゾルは禁忌事項がほとんどありません。薄めずに皮膚に直接塗布して構いませんし、大量にパシャパシャ使っても問題ありません。また無添加で新鮮なものであれば飲用することも可能です。

ハイドロゾルは薬のような即効性はないけれど、ゆっくりやさしく、健康へと導いていってくれます。

Share on Facebook

PAGETOP
Copyright © ハイドロゾル倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.