a1180_009189

エッセンシャルオイルをバスタブに入れるアロマバスやハーブをガーゼなどに包んで浮かべたり、あるいはハーブティーを浴槽に入れるハーブバス、どちらも植物の香りが至福のリラクゼーションタイムを演出してくれます。

ただ、少々面倒なことがあります。エッセンシャルオイルの場合そのまま落としてもいいのですが、エッセンシャルオイルは油溶性で水に溶けないため、アルコールやオイルなどに溶かしてから浴槽に入れないと効果が得られません。ハーブもそのまま加えても構わないのですが、お風呂の温度はだいたい40℃前後です。その温度ではハーブの成分が抽出されないため、効能を得たい場合はやはり一旦熱湯で抽出したハーブティーを加えたほうがいいのです。

そこでハイドロゾルを代わりに使ってみませんか?ハイドロゾルは水溶性でお湯に馴染みますから何も手を加えなくてもそのまま浴槽に入れることができます。エッセンシャルオイルと比べると香りは弱いのですが、神経毒性などの香りによる副作用もほとんどありません。

一度に加えるハイドロゾルの量は約100cc。コップに約半分強ってところでしょうか。一度に思い切って注ぎ入れてください。香りだけでなく、気のせいかお湯も柔らかくなるようです。品質保証期限が迫ったものがある場合、捨ててしまうよりはお風呂に大量に注ぎ込むほうが却って無駄にならないと思います。

Share on Facebook